Princeton Applied Research

グローバルリーダー
Princeton Applied Researchは50年にわたり、特に電気化学の分野における科学研究の計測器の設計と製造におけるグローバルリーダーとして認知されています。当社の計測器は性能強化を主導し、今日の様々な電気化学アプリケーションのニーズに対応するように設計されています。
  • 腐食
  • 蓄電
  • ナノテクノロジー
  • センサー
  • 電気化学研究
  • サーフェイスイメージングとスキャニング
その道を導く
Princeton Applied Researchは、電気化学計測の最先端をリードする最も優れたソリューションを研究室に提供してきました。革新性、性能、価格に焦点を当て、私たちはあらゆるニーズに答えられる幅広い種類の製品を提供することに努めています。

私たちの知識と経験は、私たちがサポートする複数のマーケットとアプリケーションに対応すのための幅広い機器を開発することにつながります。私たちの豊富な製品により、お客様の予算とアプリケーションの両方の要件に合致するソリューションを提供することが可能です。業界内で最も豊富な経験を持つ販売およびテクニカルサポートチームとともに、お客様の現在および未来における研究ニーズに最適なシステムを選択するお手伝いをさせてください。 現在および将来の研究ニーズに最適なシステム選択をする際は、業界において最も豊富な経験を持つセールスチームとテクニカルサポートチームがお手伝いをさせていただきます。

企業背景Princeton's first Lock-In Amplifier
Princeton Applied ResearchはPrinceton UniversityとPlasma Physics Laboratoryの科学者グループによって、1961年に設立されました。研究機器の大幅な改良を望んで、チームは1962年に初めて商用ロックインアンプを開発しました。信号処理システムをいくつか開拓した後に、1968年に最初のポテンションスタット、M170を開発し、これが電気化学製品ラインの基礎となっています。 多くの信号処理システムを開発した後、同社は1968年に最初のポテンシオスタットM170を発売し、この製品が電気化学測定機の基礎となりました。

Princeton Applied Researchは、1977年に多面的なハイテク企業であるEG&Gによって買収されました。同年、中国との関係が始まり、1979年までに EG&G Princeton Applied Researchは国で初めて、中国、北京に事務所を構える企業となりました。世界においてその存在を強めていくに従い、1983年にアイルランド、ダブリンにて製造施設が開設されました。

Princeton Applied Researchは1988年に製造拠点はテネシー州、オークリッジに移転し、現在も稼働しています。

EG&Gは、2000年にPerkin Elmerを買収し、企業名をPerkinElmerに変更しました。同社は、米国および英国にグローバルサービスセンターを設立しました。

Ametek社は、2002年にPerkinElmer社のPrinceton Applied Researchを買収し、Princeton Applied Researchのブランド名の下、製品のマーケティングを開始しました。

50年間にわたり、Princeton Applied Researchは電気化学分野で最も信頼されるブランドの一つに成長しました。全ポテンションスタットのベンチマークであるPARSTAT 2273や性能と価値がコンビネーションされているVersaSTATシリーズといった機器を提供するPrinceton Applied Researchは、電子科学研究測定器分野におけるマーケットリーダーとしての地位を維持しています。