電解腐食

この特定のアプリケーションは、動作中に接触する2つの異種金属の評価を目標にしています。電解液に触れると、一方の金属(より「活性」な金属)は腐食し、もう一方の金属(より「不活性」な金属)を保護します。ゼロ抵抗電流計(ZRA)は2つの電極が等しい電位となるように制御します。接触時にはそれらの状態に刺激を与えます。電流の方向はどちらのサンプルが活性であるかを判定し、電流の大きさは活性水準を判定します。

ほとんどの場合、このモードは異種金属の研究に使用され、電解腐食と呼ばれます。しかし、腐食は非均質なプロセスであるため、この同じ原則を同種金属の2つのセクションへ適用することができます。この電気化学ノイズ実験では、これら2つの同一材料を強制的に異なる状態にするランダムで局所的なアタックの影響を評価します。

両方のアクションが腐食セクションにあるプリンストン アプライド リサーチ社のVersaStudioプラットフォーム、VersaSTAT300シリーズ及びPARSTATファミリー全体で利用可能です。ソーラトロン社のModuLabでは、低ノイズ設計及びフィルタオプションを利用して、ZRA 構成で高いパフォーマンスを提供します。

VersaSCANプラットフォームで使用できるスキャニング技術により、ご利用のサンプルの表面での電子化学事象に関する局所情報を入手することができます。SVET技術は、局所の陽極/陰極に直接相関するソリューションでの電圧場をイメージすることで、ガルバニー対またはウェルドの影響を研究するのに最適です。

電解腐食又は電気化学ノイズ実験のいずれかで使いやすい試験セルとして、2つのK0235フラットセルを組み込むことができます。