腐食

腐食は、よく知られている電子化学的反応です。一般的なケースでは、金属は酸化され、固体から液体(イオン)の状態に移行し、固体サンプルは質量を失います。米国では、腐食というシンプルに思えるプロセスの影響と戦うために、国内総生産量(GDP)の約3%が毎年費やされています。腐食は、何マイルものパイプラインを通って熱い原油をポンプで汲み上げている石油企業、海でアクティブな日々を送っている船舶や航空機に何十億ドルも費やしている軍隊、橋のコンクリートを支える鉄筋を設計している土木技師、道路用塩またはガルバニー対の影響を調査している自動車産業、病院の患者に日々埋め込むための医療用ステント、関節置換術を開発しているバイオ材料科学者に影響を及ぼしています。 腐食は現実の問題であり、金属が塩気の強い湿潤な環境で使用される影響を常に考慮しなければなりません。

プリンストン アプライド リサーチとソーラトロン アナリティカルは、広範な電気化学装置、そのアクセサリーを提供して腐食科学者の研究を支援しています。腐食率測定用のポテンショスタット/ガルバノスタット、クーポンで実験する腐敗セル、または定量/定質的測定用のスキャニングシステムに関わらず、当社の製品はすべて、プリンストン アプライド リサーチ社とソーラトロン アナリティカル社の設計、サポートに対する優れた評価で裏付けられています。