光起電及び太陽電池

多接合、ガリウムヒ素、結晶シリコン、薄膜(テルル化カドミウムなど)を含む様々な種類の太陽電池があり、有機光起電(OPV)、色素増感太陽電池(DSSC)量子ドット及び灰チタン石など多くの急成長テクノロジーがあります。急成長しているテクノロジーの一部は効率性は40%を超えるものから、5%未満のものまで様々あり、従って効率性と寿命両方の改善がこの分野の重要な要素です。

プリンストン アプライド リサーチ社及びソーラトロン アナリティカル社の測定ソリューションにより、研究者はこれらのセルの基礎的な特性をプローブすることができます。弊社のポテンシオスタット/ガルバノスタット及びDC材料特性評価ツールは、太陽電池効率、曲線因子、Isc及びVocの判定を含むI-V分析用のサードパーティによる太陽シミュレータと連携することができます。

強度変調光電流及び光電圧分光法(IMPS及びIMVS)などの伝達関数試験は、電荷再結合、電子拡散及びその他の特性の試験に利用できます。ソーラトロン アナリティカル社のXM PhotoEchemシステムはこれらの試験のために特別に設計されました。さらに、このシステムではスペクトル感度特性評価向けのIPCE(光電変換効率)プラグインモジュールを提供します。このシステムではASTM標準に準拠する10 nm分解能を提供し、350 nmから1100 nmまでの広帯域幅に対応します。白色光バイアスは、DSSCによるものなどの大きな時定数セルの試験で標準のものとして含まれています。

インピーダンス試験は、太陽電池パフォーマンス、試験キャリア濃度、可動性、トラップ状態などを特徴づけるために幅広く使用されています。一部のセルテクノロジーは1 MHz超の高周波技術が必要となり、これらのセルではソラートンモデル1260A インピーダンスゲイン位相分析器/モデル1296A 誘電体界面システムが最適です。モデル1260Aインピーダンスゲイン位相分析器は、10 µHzから32 MHzまでの、120を超える周波数において優れた精度で測定することができ、高周波材料に対する試験に相当程度適しています。モデル1296A 誘電体界面システムの誘電体界面と組み合わせれば、フェムトアンメーター及びサンプル/基準測定技術を使用して極度の高インピーダンス / 低キャパシタンスサンプルを測定することができます。

IPCEオプション付のModuLab-ECS試験システムは、光起電アプリケーションに厳密に適合した、高度な設定が可能なシステムであり、内蔵周波数応答分析器オプションを利用した高パフォーマンスインピーダンス / キャパシタンス測定の独特な組み合わせを提供し、パルス、滑らかな傾斜、階段及び任意波形などの広範な高速DC測定技術を併せ、光起電材料が時間及び周波数領域で完全に特徴づけられるようにします。

ModuLab-MTS試験システムには高電圧、2Aブースター、フェムトアンメーター及びサンプル/参照などの「プラグアンドプレイ」オプションモジュールがあり、これらのオプションのあらゆる範囲でインピーダンス、C-V及びDC試験を実施することができます。このシステムでは、材料線形成の調査又は低周波数調査にかかる試験時間短縮のための多重正弦波/ハーモニック分析技術も提供しています。