水素脆性

水素透過は、材料合金の大部分にある水素透過及び水素集積により欠陥を引き起こす現象です。これは、電気めっき、腐食又はカソード防食などの水素放出に関する電気化学プロセス中に発生します。水素は高い応力が発生する領域で集積する傾向があり、ひび割れを引き起こし構造物の機械的統合性を損なう限界濃度に達する場合があります。この試験はASTM G148で説明されています。

この種類の実験に使用される電気化学セルは、いわゆるDevanathan-Stachurski透過セルです。このセルは、電解質溶液で満たされ、研究中の材料から生成された膜で分離されている、2つの個別の電解槽で構成されています。フローティングポテンシオスタットを使用する必要があるため、2つのポテンシオスタットをサンプル(薄膜)に接続する必要があります。

「フローティング」ポテンシオスタットは接地面から離れています。このため、これらは接地電極又はソリューション(加圧滅菌器又は鉄筋など)を研究するのに向いています。複数の接地点により接地ループができ、それにより振動が発生して無価値で予測不能なデータとなる場合があります。PARSTAT4000+、VersaSTAT3F、PARSTAT MC及びModuLabは全て、「フローティング」又は「絶縁」モードで動作することができます。

このアプリケーションには弊社VersaStatsを使用されることをお勧めしています。発電機側(水素を生成する陰極コンパートメント)には、高感度機器は必要ありません。検出器側(陽極コンパートメント) では、薄膜を貫通する微量水素を検出する必要があります。対応電流は極めて低くなります。非常に敏感なポテンシオスタットがこのコンパートメントには必要です。私たちの計測器は、低電流を非常によく測定するための精度と分解能の両方を提供します。 VersaSTAT-LC(Princeton Applied Research)とModuLab Femto Ammeter(Solartron Analytical)ハードウェアオプションは、業界トップレベルの機能拡張を提供しています。