ナノテクノロジー

ナノスケールでの材料を合成、操作、画像化、検出する機能を科学者及びエンジニアに提供するなど、ナノテクノロジーの分野での進歩がここ最近で加速しています。電気化学分野では、ナノテクノロジーはナノチューブ、ナノファイバー及びグラフェンなどのナノ構造カーボンから3D電極アレイ及びナノプローブまで、全く新しい電極に移行しています。この新しい電極材料により、伝導性及びイオン拡散を強化するナノバッテリー、感度を向上させる生体ナノセンサ、局所的な腐食を減少させるナノフィルムの開発が行われています。

プリンストン アプライド リサーチ社及びソーラトロン アナリティカル社には多様なポテンシオスタット/ガルバノスタットがあり、ナノ構造及びナノベース機器の進歩や研究を可能にしています。ナノフィルムのパルスめっき電着向けのカスタム波形生成における柔軟性や、プローブ特性評価での高精度での超弱電流(ピコアンペア及びフェムトアンペア)測定におけるニーズのいずれであっても、PARSTAT 4000 Plus、VersaSTAT 4及びEchemLab XMなどの多くの弊社の機器はナノ分野での貴社の研究努力を促進及び進展させることができます。122 aAまでの分解能を持つ弱電流オプションは、大部分の微妙な測定において精度や分解能をさらに引き上げることができます。