電気化学センサ

電気化学センサは私たちの日常生活とは切っても切り離せないものであり、全ての化学センサの中でも最大の割合を占めています。センシング機構は、電流測定や電気化学的インピーダンス分析など様々な電気化学検出方法に基づいています。アプリケーションの多くは生化学及び生物医学であり、総称としては生体センサがしばしば使用されます。最も有名で、ほぼ間違いなく最も影響力のある最新の電気化学センサは、血糖値をコントロールし糖尿病患者を支援するために使用されるセルフモニタリング血糖測定器です。

電気化学センサが使用中及び/又は開発中であるアプリケーションの範囲は、広範囲にわたります。一酸化炭素を検出するため自宅で使用されるようなガスセンサ、水質分析向け重金属センサ、潤滑油劣化測定向けの炭化水素、アルコール、ケトンセンサなどがあります。電気化学センサが適用されている追加例には以下のようなものがあります。
  • 生物・化学兵器(国土安全保障)
  • フードモニタリング
  • 医療診断
  • 製造
  • 自動車
  • 自宅/環境モニタリング
検出方法に関わらず、トランスデューサーとしてこれらの開発や利用は拡大していきます。電気化学センサの設計及び最適化は、概念実証から始まり、プロトタイプの開発、スケールアップ、商業化と続いていきます。プリンストン アプライド リサーチ社及びソーラトロン アナリティカル社の両方で、このプロセスの各ステップに必要な能力及びパフォーマンスを提供しています。VersaSTAT 4又はthe EchemLab XMにより提供されるような最小検出限度の判定に関する弱電流測定機能、又はARSTAT MC製品ライン内で利用できるようなハイスループット分析用マルチチャネルプラットフォームに関わらず、プリンストン アプライド リサーチ社及びソーラトロン アナリティカル社の機器には、これらの生活の質を高める機器を開発及び改良するために研究が必要とするツールがあります。