空気中の腐食

空気中で実施される腐食/コーティングアプリケーションは、(基質または電解質から分離して)、または湿潤環境を電解質として使用して、コーティング自体の誘電特性を評価することを意図しています

空気中のコーティングの場合、MREFオプション搭載のソーラトロン ModuLab-MTS 試験システム、または当社のモデル 12962A、12963A、12964A サンプルホルダー、室温サンプルホルダー搭載のモデル 1296A 誘電インターフェース システムでは、コーティングの誘電特性を高精度で調査することができます。

スキャニング ケルビン プローブ(SKP)を使用すれば、電解質がない場合、または湿潤環境の場合、有機コーティングにおける腐食事象を可視化することができます。直接的に測定した仕事関数の数値は、バッキング電位法により、腐食電位と相関性があります。VersaSCAN VS-SKPには、業界をリードするスキャン範囲と分解能が統合されているため、実環境のサンプルに対して非破壊試験を実施することができます。