光電気化学

光電気化学は、可視光線及び紫外線照射下での半導体/電解質界面での電気化学研究です。アプリケーションには、水の解毒/消毒でのラジカルの光産成、水素貯蔵アプリケーションでの水の分離及び基礎的な半導体光電気化学触媒作用を含みます。

強度変調光電流及び光電圧分光法(IMPS及びIMVS)などの伝達関数試験は、電荷再結合、電子拡散及びその他の特性の試験に利用できます。ソーラトロン アナリティカル社のXM PhotoEchem及びSolarLab XMシステムはこれらの試験のために特別に設計されました。さらに、このシステムではスペクトル感度特性評価向けのIPCE(光電変換効率)プラグインモジュールを提供します。このシステムではASTM標準に準拠する10 nm分解能を提供し、350 nmから1100 nmまでの広帯域幅に対応します。