電気合成

コンパウンドを合成するため電気化学システムを利用することは、1世紀以上行われています。恐らくこれらのうち最も有名なものは、2つのカルボン酸の二量化であるコルベ反応です。電気化学合成の主要部は、古典的な合成法において一般的に見られる望ましくない副反応を大幅に低減できる能力です。

水溶液系と比較して有機電解質では通常、電気化学電位窓は高くなるため、電気合成は非水媒体で通常実施されますが、それに限りません。有機システムの高い液抵抗には、高いコンプライアンス電圧ポテンシオスタットが必要です。プリンストン アプライド リサーチ社及びソーラトロン アナリティカル社は、このアプリケーションに最適な製品を複数提供しています。PARSTAT 4000及びModuLab XM ECSシステムの両方では、製品収量の判定に使用されるデジタル電量分析技術を内蔵しており、高いコンプライアンス電圧及び優れた電流感度があります。