ベアメタル

この特定のアプリケーションは、計画されたサービス環境で、未塗装の材料(通常は鉄鋼のバージョン)の評価を対象としています。多くの場合、腐食防止剤の開発と試験が必要です。研究者によって実施される最も一般的な試験は、TAFELプロット (ASTM G5)、 LINEAR POLARIZATION (ASTM G59)および ELECTROCHEMICAL IMPEDANCE SPECTROSCOPY (EIS)が増加傾向にあります。

高電流ダイナミックレンジおよび特に低電流測定能力は、ポテンシオスタットが電気化学的腐食速度をどれくらいうまく測定するかを定義します。腐食電流は大変低くなる可能性があります。低い電流は低い腐食率につながりますので、これは望ましい特徴ではありますが、測定するのはより難しい値でもあります。電力密度の中和機能がある小さな電極でも小さな電流を生み出す可能性があります。私たちの計測器は、低電流を非常によく測定するための精度と分解能の両方を提供します。 VersaSTAT-LC(Princeton Applied Research)とModuLab Femto Ammeter(Solartron Analytical)ハードウェアオプションは、業界トップレベルの機能拡張を提供しています。

コンプライアンス電圧は、ポテンシオスタットが電気化学セルを制御するために出力できる電力の量です。オイル、コンクリート、土壌のような抵抗性の電解質は、抵抗性環境に対応するために高いコンプライアンスを備えたポテンショスタットが必要な場合がありますので、ポテンシオスタットが将来のすべての用途に十分対応していることが重要です。PARSTAT 2273およびModuLab with HV100は業界最高のコンプライアンス電圧100ボルトを有しています。

そのサイズや酸化被膜により、高いレベルの静電容量を腐食サンプルが持つことは現実的です。VersaSTAT 4、PARSTATおよびModuLab XMの追加のフィルタリングと製品範囲は、サンプルをテストするための最良の構成を選択することが出来るハードウェアオプションを提供しています。

K0047 Corrosion Cellは腐食テストを行う世界中の複数の研究所で使用されています。このセルは、電気化学腐食試験のための最も一般的なASTM規格のいくつかに準拠するように設計されています。