4002A-P 電源

モデル4002A-P電源は、アプリケーションが±12 V及び±24 Vの出力が必要な場合、NIMビンへDC電源を供給するため設計されています。4002A-P電源は既存のNIMビンと併用するため、別個に購入したり、4001A-P NIMビン又は4001C-P NIMビンのいずれかを取り付けた状態で注文したりすることもできます。モデル4002A-P電源は全ての AMETEK NIMビンや、他メーカーのほとんどの標準的なNIMビンに互換性があります。4002A-P 電源は、タイプ1向けの推奨電源仕様を上回るように設計されています。
クラスAは、DOE/ER-0457Tで定義されているように供給を行います。 

4002A-Pに付属するビンへ供給される、規制を受けているDC電源は、 +12 V @ 2 A、–12 V @ 2 A、+24 V @ 1 A、及び–24 V @ 1 Aで定格されています。最大出力は50°Cまでの気温で96 Wです。さらに、117 V ACは最大0.43 Aまで利用できます。

過負荷に対する保護は、複数の方法で提供されています。ヒートシンク温度が82°Cを超える場合、赤色の警告インジケータが付属ビン制御パネルで点灯します。ヒートシンク温度が95°Cを超える場合、電源が自動的にシャットダウンされ、出力及び温度インジケータの両方の照明がオフになります。熱的過負荷からの復旧は、
熱的負荷が減少すれば自動的に行われます。DC電源からの出力電流は、折畳式回路による定格値120%として内部で制限されています。これにより過負荷及びショート保護を行います。ヒューズにより電源へのAC入力を保護します。 

国際的な使用に合わせて設計されているため、4002A-P電源は47–63 Hzで100、120、220、又は240 V ACの入力電圧に対応することができます。4002A-P後部のコネクタブロックは、目的の電圧範囲を選択するために使用されます。コネクタブロックもヒューズホルダー及び電源コードコネクタとして機能します。国際標準IEC出力コネクタ(CEE-22*)は、
入力電力で利用される現地の電気的な標準に対応する電源コード及びプラグを利用できます。主要電力の制御は、NIMビン制御パネルのオン/オフスイッチで提供されています。 

出力及び制御ラインのNIMビンへの接続は、DOE/ER-0457Tで規定されている標準的なインターフェースコネクタで提供されます。電源のビンへの機械取付は、DOE/ER-0457Tで規定されている標準的なボルトパターンを利用したボルトで行います。