7210DIF 4つのチャネル差分入力

7210DIF製品概要

モデル7210DIFは、正しい差動入力を提供する、4つのチャネルを持ち中程度の入力インピーダンス、低ノイズのAC結合電圧プリアンプです。0.1 Hz ~ 100 kHzの周波数応答と、x100のゲイン設定の他にx1、x10、及びx1000による設定があります。これは設置ループを中断する方法で設置ソースに接続する機能を持つ汎用プリアンプであり、正しい差動入力があるため、非対称にソースへ負荷をかけることなくACブリッジからの出力などのフローティングソースを測定するため使用できます。外部低電圧源(±15 V)又はモデルPS0110-MDリモートライン電源を動力源とすることができます。このプリアンプは、弊社ロックインアンプ製品範囲のほとんどを動力源とすることもできます。

このユニットは、信号回復のモデル7210マルチチャネルロックインアンプに差分入力を提供するのに特に適しています。この場合、両端がオスのBNCアダプタを利用することで、7210の入力部に直接接続される各プリアンプの4つの出力により最大8つのモデル7210DIF増幅器を隣り合わせに配置することができます。

スタンドアロン及び費用対効果のあるプリアンプとして、オシロスコープ、デジタイザー、又は過渡現象記録装置などのその他のシングル又はマルチチャネル機器と併用することもできます。全ての信号入力及び出力接続は、業界標準のBNCコネクタを利用して行われます。
  • Documents +

  • 仕様 +


    電気
    ゲイン設定x1、x10、x100、及びx1000
    通過域ゲイン精度0.1% + 100 ppm/°C
    周波数範囲:
    G = x10.1 Hz – 1 MHz
    G = x100.1 Hz – 1 MHz
    G = x1000.1 Hz – 1 MHz
    G = x10000.1 Hz – 0.1 MHz
    CMRR (@1 kHz)100 dB (G = x1000時)
    合計入力電圧ノイズ
    F = 1 kHz
    RS = 1 kΩ
    G = ?100
    6.9 nV/√Hz、通常
    (以下の表を参照してください)
    入力インピーダンス1 MΩ
    最小負荷
    1 kΩ
    絶対最大入力電圧± 28 V pk
    最大出力電圧± 9 V pk
    一般
    寸法 長さ x 幅 x 奥行133.0 mm x 122.0 mm x 39.5 mm
    重量(7210DIFのみ):400 g
    DC入力(7210DIF):
    電圧
    ±15 ± 0.5 V DC
    入力出力
    10 W最大
    AC入力(PS0110-MD):
    ライン電圧
    100 – 240 V AC, 50/60 Hz
    出力
    42 W最大
    安全性準拠BS EN 61010-1:2010
    EMC準拠BS EN 61326-1:2013
    RoHS準拠あり
    環境
    使用場所屋内専用
    動作温度5° ~ 40°C