SECM走査型電気化学顕微鏡法

SECMはポジショニングシステム、バイポテンションスタット、及び超微小電極先端を統合しています。ポジショニングシステムは、サンプル表面知覚に先端を移動させます。バイポテンションスタットはサンプル及び先端の両方を独立して分極し、結果として生じる電流両方を測定します。先端は、固有の先細でアクティブな100 ミクロン未満の半径を持つ超微小電極です。ポジショニングシステムは電気化学パラメータにより測定先端及びチャート位置をスキャンし、局所電流のデータマップを作成します。

電気化学で利用されるアプローチ曲線は、サンプルに十分に近い位置にZのプローブを置き、局所的な画像域に表示する方法です。先端がサンプルに対して増加すると、先端における電流は図に表示されます。プローブがサンプルに十分近い位置にある場合(プローブ直径の2 ~ 4倍の距離)、先端で測定された電流は全体応答から局所応答に移行します。高伝導性の領域に対し、ネルンスト応答が全体電流の領域に対するものよりも高い局所電流を供給します。ただし、質量移行が先端に向かうにつれ妨げられるため、サンプルの低伝導性領域に対して全体の値に比べ局所電流は減少します。

from LEPA-EPFL(スイス)のSoft Stylusプローブテクノロジーでは、複雑なフィードバックエレクトロニクスを必要とせず、先端からサンプルまでの距離を制御する便利な方法を提供しています。粗い表面や凹凸のある表面などのサンプル地形が電気化学反応に影響を与える可能性がある場合に、定距離測定は特に重要となります。さらに、ソフトプローブ技術は軟組織サンプルに最適であることが示され、がんの検出及び病期分類に適用されています。

SECMにおける一般的な実験は、発電機コレクターモードです。バイポテンションスタットのいずれかのチャネルはサンプルを分極します。他方のチャネルは先端を分極します。回転リングディスク電極(RRDE) 実験と同様に、片方の電極が電気化学反応を生成し、 いずれかの製品が他方の電極でその後測定されます。SECMはこれを行いながら、空間分解能の余剰次元をデータに追加し、分極レベルを変化させるだけで、サンプル生成 – 先端収集(SG-TC)から先端生成 –サンプル収集(TG-SC)までの変化することができます。

画像化メカニズムは電気化学であるため、SECMのアプリケーションは電気化学自体のアプリケーションと同程度に多様です。一部の主要なアプリケーションは、生物センサ、反応速度論、多孔質膜研究、燃料電池触媒、及び腐食メカニズムです。

 

  • 仕様 +


    ポテンションスタット
    コンプライアンス電圧±12V
    分極電圧±10V
    電流範囲及び分解能
    VersaSTAT 4
    VersaSTAT 3F
    VersaSTAT 3

    4nA ~ 1A標準、4nA範囲で120fA
    4nA ~ 650mA標準、4nA範囲で120fA
    200nA ~ 650 mA標準、200nA範囲で6pA
    電流測定機能を拡張する互換弱電流インターフェース及びブースター です。
    EIS対応。
    *このモデルの詳細な仕様についてはポテンションスタットのパンフレットを参照してください。


    プローブ
    プローブRG比10未満の10ミクロン白金プローブ
  • オプション +


    L-Cell VersaSCAN L-Cell
    • VersaSCANの光学台にねじ留めします
    • およそ1 Lの容積
    • 水平調整機構
    • 大型な平坦サンプル及び直径 32 mmの搭載サンプルに対応
    • 特にLEIS、SVET、SKP、SDC、OSPなどのあらゆる技術に推奨
    mL-Cell VersaSCAN mL-Cell
    • VersaSCANの光学台にねじ留めします
    • およそ7 mLの容積
    • 水平調整機構
    • 直径32 mm搭載サンプル及び非標準サンプルなどの多くのサンプルに対応
    • 低容積SECMアプリケーション向けに特別に設計
    VersaCAM VersaCAM
    長作動距離ビデオ顕微鏡
    • カメラ:
      • カラー
      • 画素数:795 (H) x 596 (V)
      • 最低照度 0.02 lxF1.2
      • 出力:12V DC ±10%
      • 付属アダプタによるCSマウント又はCマウント
    • レンズ:
      • Cマウント
      • マニュアルフォーカス
    • ディスプレイ:
      • 8インチカラーTFTディスプレイ
      • PAL & NTSC自動選択
      • 640x480(307,200画素)画面分解能
  • ビデオ +

    SECM走査型電気化学顕微鏡法のビデオ実演を見る

  • 実験 +


    アプローチ曲線サンプルに近づくZ方向でプローブ位置が増加するとき、アプローチ曲線は電流を測定します。通常、これらの実験は最初にネガティブなフィードバックを示す絶縁性の既知の領域に実行してから、ポジティブなフィードバックを示す導電性の既知の領域に対して実行されます。これら2つの実験結果を比較することで、SECM実験に対して適切なZ距離にプローブを正常に配置することができます。
    ライン走査SECMライン走査実験により、プローブ又はサンプルのいずれかを電気化学反応を起こすために十分な電位で分極させることができます。プローブの位置をX又はY方向のいずれかで走査して、電流を記録します。「第二ポテンションスタット」が接続されている場合、プローブとサンプルは独立して分極することができるため、発電機・コレクタの実験が可能です。
    領域走査SECM領域走査は、Y方向における位置をインクリメントする、Xライン走査実験です。このXY平面はマップとしてグラフを描画します。
    非走査、基礎実験 VersaSTATではVersaStudio環境を利用して、広範囲の非走査基礎研究を実行することができます。パンフレット又はウェブページを参照して、ポテンションスタットのご利用モデルに関する非走査実験の詳細をご確認ください。