1296A誘電インターフェース システム

システム概要

低伝導性、低損失材料を解析することで、最高のインピーダンス分析器と同等にまで機能を伸長します。単体で使用すると、特に低周波数において、これらは正確な測定に必要な感度に欠けます。

1296A誘電インターフェースは高速で正確な及び反復可能なインピーダンス測定を120周波数で行い、ポリマー、セラミック、イオン伝導体、誘電体、圧電/強誘電体、ディスプレイ材料などの広範囲の材料の特性について有益な検知を引き出します。使いやすいソフトウェアと1296Aベースのシステムにより、実験技術に対応して、結果の解釈に集中することができます。

1296Aは、Solartron Analytical社の名声ある1260A及び1255A FRAの機能を拡張し、試験誘電材料での超弱電流及びキャパシタンスレベルに対処し、以下を実現します。
  • 100 TΩ超のインピーダンス測定(1014Ω)
  • 10-4未満までの正確なタンデルタ測定
  • 10 μHzから最大10 MHzまでの周波数範囲
  • 誘電破壊及び線形性研究向け最大10,000 V(外部PSU又は増幅器による)のAC 信号及びDCバイアス電圧
高度に正確な基準コンデンサがサンプル/基準試験向けに1296Aに組み込まれており、あるいは外部基準の使用を選択することもできるなど、ほぼ全ての測定ニーズに対応する無類の柔軟性を提供しています。温度及びDCコントローラーのサポートは測定ソフトウェアに統合されており、材料解析の範囲をさらに拡張します。

誘電体の定義
多くの材料には低コンダクタンス(高インピーダンス)及び低損失の特性があります。それらはしばしば誘電体と呼ばれますが、誘電体とは通常認識されていない多くの材料にこうした特性があります。

このような材料の解析でよく利用される技術の1つが、インピーダンス 分光法です。これは周波数のある範囲での電気インピーダンスを測定するものです。インピーダンスは材料の伝導性及びキャパシタンスに関連し、従ってこれらのパラメータは材料の分子活性に関連します。

代替電圧を誘電サンプルに適用する場合、一部のエネルギーはキャパシタンスに保存され、一部は抵抗性効果により消散します。

サンプルに結果として発生する電流は位相ラグδが発生します。材料研究においては、静電容量効果は誘電率(又は絶縁定数)ε’として知られており、抵抗性効果は誘電損失ε”として知られています。タンδ、つまり散逸率はε”/ε’と等しくなります。

ε”が非常に小さくε’が大きい材料では、タンδの分解能は正確な測定を行う上で非常に重要になります。1296Aでは、自動的にサンプルの代わりとなる精密コンデンサでの基準測定を行うことでこの点を克服し、二番目の測定ではサンプル自体で測定を行います。この2つの結果は材料の誘電率の正確な測定を引き出すために使用されます。実質的には最初の測定は無関係なキャパシタンスの影響を排除するために使用されます。

温度オプション
  • 5 Kから600 Kまで対応する129610Aクライオスタットシステムでは、ポリマー、ゴム、医薬品向けの固体及び液体サンプルホルダーを完備しています。
  • 1200º Cまでの室温に対応するファーネスシステムでは、セラミック、合成物、ガラスなどに対する試験用サンプルホルダーを完備しています。
  • 固体及び液体向け室温サンプルホルダー

  • アプリケーション
    1296Aシステム向けアプリケーションの範囲は広く、以下の解析を含みます。
  • 液晶、ポリマー、液体の分子力学の緩和過程
  • 半導体、有機結晶、セラミックなどの電荷輸送
  • 化学反応、重合、硬化プロセスの解析
  • 非線形電気的及び光学的効果
  • 新型ガス及び液体センサ
  • 絶縁体、半導体材料の特性評価
  • 絶縁体、プリント基板などの製造における品質管理
  • 燃料電池/電池 材料
  • 仕様 +


    1296A+1260A/1255A

    1296A+1250E

    1296A+1253A

    周波数範囲10 µHz ~ 10 MHz10 µHz ~ 65 KHz1 mHz ~ 20 kHz
    信号振幅最大7 V rms*最大10 V rms最大10 V rms
    DCバイアス最大±40 V最大±10 V最大±10 V
    *3Vrms超の信号については、内部増幅器が利用され、信号振幅 + DCバイアスは10V ピークを超過してはいけません。

    電流測定1 fA ~ 100 mA
    タンデルタ範囲<10-4 ~ 103(基準モード)
    インピーダンス範囲100 Ω ~ 100 TΩ超(1014Ω)
    キャパシタンス範囲1 pF ~ 0.1 F超
    1296A Typical accuracy

    ソフトウェアFRAの制御、1296A及びオプションの温度コントローラー、DCバイアス及びAC信号増幅器を提供
    結果パラメータZ*、Y*、ε*、C*(実、仮想、大きさ、位相、タンδ)
    プロット対ボード、複雑な平面上の
    周波数、時間、温度、バイアス、ACレベル
    電源85 VAC ~ 264 VAC(47 ~ 440 Hz)
    電力消費30 VA最大
    寸法(w x h x d)13.39"(340 mm) x 4.72"(120 mm) x 11.81"(300 mm)
    重量12.13 lb (5.5 kg)
    動作温度範囲10 ~ 30º C(50 ~ 80º F)
  • オプション +


     
    560 001 160国内機器USB-GPIBアダプタ
    31203BシールドGPIBケーブル6' (2m)
  • 付属品 +

  • ソフトウェア +

    • SMaRTインピーダンス測定ソフトウェア

      • 誘電体、絶縁体及び電子材料などのあらゆるタイプの材料向けの広範囲材料試験AC技術(インピーダンス、キャパシタンス、アドミッタンス、誘電率及びモット・ショットキー)
      • 1260Aインピーダンス分析器及び1296A誘電体界面などの12xx材料試験製品の完全サポート
      • カスタム設計のクライオスタット及びファーネスなどの統合型温度制御

      引き続きお読みください

    • ZViewソフトウェア

      • ZViewはZPlot向け比較EISデータ解析ソフトウェアです。
      • 複数の表示形式(インピーダンス、アドミッタンス、キャパシタンス、誘電率、電気係数)
      • 包括的なデータ解析機能には、等価回路データにフィットするモデルである、R、C、L、ウォーバーグ、分布素子などの拡張ライブラリを含みます。

      引き続きお読みください