129610A LHe/LN2 クライオスタットシステム

精密なインピーダンス試験機器の設計スペシャリストであるSolartron Analytical社は、クライオスタットのエキスパートであるジャニス・リサーチ・カンパニーと提携し、先進の低温保持材料特性試験システムを製造しています。

材料特性化向けの柔軟なソリューション
ジャニス・リサーチ・カンパニーの特殊モデルSTVPクライオスタットは多用途性のある研究ツールであり、5 Kから600 Kまでの温度で動作するよう設計されています。サンプル自体を不活性で乾燥した、変化しない交換ガス(ヘリウムなど)の中に置き、これによりサンプルが寒剤蒸気にさらされて影響を受けないようにします。

必要な動作温度範囲により、寒剤として液体窒素(LN2)又は液体ヘリウム(LHe)を使用することができます。これにより相対的に低コストなLN2を寒剤として使用して、標準的な試験を行うことができます。非常に低温な状況が必要な試験中には、より高コストなLHeを代用することもできます。これによって試験要件に経済的なソリューションを提供します。

以下のようなアプリケーションに使用されます。
  • 先端ポリマー材料の開発
  • ドラッグデリバリー及びフリーズドライなどの医薬品アプリケーション
  • 半導体材料
  • 合成物材料及び被膜
  • ディスプレイ材料
  • 航空宇宙材料
高パフォーマンス
129610Aは包括的な試験機能を提供する高パフォーマンス温度制御システムです。
  • LHeを使用する5 K ~ 600 K及びLN2を使用する78 K ~ 600 Kで動作します。
  • このサンプルは静的な熱交換ガスに存在します(ドライヘリウム)。これにより、対策を講じていなければ流動蒸気タイプのシステムで寒剤蒸気による接触で影響を受ける可能性がある材料に対する反復可能な試験を行います。
  • 固体、ゲル、オイル、粉末、ペーストなどの多様な税量の試験に利用できる液体及び固体サンプルホルダーが含まれています。
  • サンプルホルダーはガードリング技術を利用し、サンプル端面の「フリンジング」効果を排除します。
  • 2/4端子サンプル接続を利用して、高・低インピーダンス材料サンプルを正確に試験することができます。
  • デュアルチャネル温度コントローラーを利用する、高速かつ正確な温度設定(メインとサンプルヒーターを別々に制御します)。
  • このシステムでは、デュワーからの伝送ラインを経由する寒剤の連続的なフローにより動作します。
LN2及びLHeを切り替えることができる柔軟性により、この高いパフォーマンスを誇るクライオスタットシステムは貴社の現在及び将来の要件に対応します。

Solartron Analytical社の材料試験システム
129610A クライオスタットは、様々なSolartron Analytical社材料試験システムを利用し、I-V、パルス、C-V、インピーダンス、モット・ショットキー及び広範囲のその他材料試験技術で利用でき、温度制御を完全に統合しています。
  • PCソフトウェアでは電気的測定と温度制御を完全に統合しています。
  • 器具の選択により、高・低インピーダンス材料を解析できます。
  • 測定精度を改善するため、サンプルと基準及び標準化技術を提供します。
  • 広範な周波数範囲
  • 広範なインピーダンス範囲