ブリッジチューブ

iR降下を最小化し、基準電極のフィリングソリューションが電気化学セルの研究における化学的性質に干渉しないようにブリッジチューブが採用されています。特定の電気化学的システムはこの追加付属品が必要であり、プリンストンアプライドリサーチ社には多様なブリッジチューブ設計があります。以下でブリッジチューブ製品の完全なリストをご覧ください。
RDE0026 基準電極ブリッジチューブ

トップの標準的な14/20テーパージョイント及び標準的な28/15ボールジョイントです。ボールジョイントの上端に対して72 mmボールジョイントのボトムから先端までの70.5 mm先端には4 mm多孔質ガラスフリットがあります。この品目はチューブの下部がRDE0026でより短くなる場合を除き、以下のG0095と同様となります。

K0065 基準電極ブリッジチューブ

K0077 Ag/AgCl(RDE0020チューブ付モデル)の分離、又はG0093 参照電極を試験ソリューションから離し、参照電極の充填ソリューションによる試験ソリューションの汚染を防止します。その多孔質ガラスフリットは、最小の電気抵抗により、充填ソリューションの試験ソリューションへの漏出が最小としなければならない状況に最適です。K0065は完全な使用可能状態で提供されています。5つの交換用多孔質フリット及び5種類の長さがあるテフロン熱収縮チューブも提供されています。

トップの標準的な14/20テーパージョイント及び外面スリーブの14/20テーパージョイント。チューブのトップから、外面テーパージョイントのボトムまで78 mm外面テーパージョイントのボトムから終端まで78 mmブリッジチューブのボトム部は4 mm以下のODフレキシブルテフロンチューブです。

Reference-Electrode-Bridge-Tube G0095 基準電極ブリッジチューブ

K0047腐食セルキットとの併用です。トップの標準的な14/20テーパージョイント及び標準的な28/15ボールジョイントです。ボールジョイントの上端に対して72 mmボールジョイントのボトムから先端までの96.5 mm先端には4 mm多孔質ガラスフリットがあります。


K0154 基準電極ブリッジチューブ

モデル303Aで利用する基準ブリッジチューブです。K0077SCE又はG0093Hg/HgSO4 基準電極を内部の銀/塩化銀参照電極に置き換えることができます。わずかなCl-又はAg+混成により干渉が発生している場所の解析に推奨されます。