機械的試験

弾性又は力変位曲線といった材料の特定の機械的特性が判定される場合、ロックイン増幅器は測定システムにとって役立つ基礎的部分となる場合があります。その機器のオシレータは、パワーアンプ及びソレノイドなどのサンプルプローブ駆動システムの一部形状に試験中のサンプルにあるプローブと共に接続されています。レーザービーム及び光センサを利用するなどの検出システムは、プローブの実際の動きに比例する信号を生成するために使用され、この信号はロックイン増幅器により測定されます。ドライブ信号の大きさを変更し、結果として生じるプローブの実際の動きを記録することで、サンプルの弾性を測定することができます。

その他のアプリケーションには、原子間力顕微鏡 (AFM)などの走査プローブ技術を利用するものを含みます。ここでは、ロックイン増幅器はサンプルに近い位置にある精密な先端部を持つカンチレバーの共振を維持するために使用されます。サンプルが先端部のX-Y相によりスキャンされると、サンプルとの相互作用により振動振幅、周波数、位相などのロックイン増幅器が測定できるすべてにおける変化が起こり、これによりサンプルに関する情報がもたらされます。領域に対して走査を行うことで、サンプル表面のバーチャル画像を構築することができます。

スキャンされたアプリケーションは、十分な分解能を持つ画像を合理的な期間で取得できるようにするために、しばしば高周波数で動作でき、短い出力フィルタ時間定数を持つロックイン増幅器を使用する必要があります。弊社製品のその他のユニットも使うことはできますが、信号回復モデル7280ロックイン増幅器は上記作業に特に適しています。通常、機構試験を行うユーザーは以下を購入します。

  • 7280 DSPロックイン増幅器 2MHz
  • 7270/7230 DSP ロックイン増幅器 250kHz
  • 7210 マルチチャネルDSPロックイン増幅器