磁性測定

ロックイン増幅器は、磁性サンプルの測定を行う際に役立つツールです。これは振動サンプル磁力計の中心部を成し、ここにある電磁石又は超電導ソレノイドの2つの極間でサンプルが垂直に振動します。電極に隣接するピックアップコイルがサンプルに磁気モーメントが存在する場合に発生する場での擾乱を検出します。信号サイズは上記モーメントに比例します。ロックイン増幅器はこの信号(振動周波数での信号)を測定し、磁界値をスイープすることでサンプルのB-H曲線をプロットすることができます。ロックイン増幅器のノイズ除去機能により、干渉信号(特に、電源系統の周波数及びその高調波)を除去して、測定に影響を与えないようにします。

ロックイン増幅器は、AC励磁信号で駆動する場合、ホール効果装置からの信号を検出するためにも使用されます。AC励磁により、DC技術を使用して測定する際に発生する場合があるドリフト及びオフセット問題を排除して、より小さな信号を測定することができます。

信号回復では、最も広範に商業利用されている様々なロックイン増幅器の1つだけでなく、これらのアプリケーションタイプに適した多様なプリアンプや信号変成器などの関連製品を提供しています。このアプリケーションに使用される典型的な機器は以下の通りです。

  • 7270 DSPロックイン増幅器 250kHz
  • 7280 DSPロックイン増幅器 2MHz
  • 7210 マルチチャネルDSPロックイン増幅器