周波数応答分析器

技術: 周波数応答、伝達関数、スペクトル分析、相関、スイープサイン分析、ハーモニック分析、インピーダンス
アプリケーション: 音声(マイク、ヘッドホン、ラウドスピーカー、ソナー)、機械的(バイブレーション、アクチュエータ、サーボシステム、加速度計、トランスデューサー)、光学的(光センサ)

周波数応答分析(伝達関数分析又はスペクトル分析とも呼ばれる)は、刺激に対するシステムの出力スペクトルを測定し、試験中のシステムの動力を特徴づけるために使用されます。この技術では、規模や周波数関数としての出力と入力波形との位相関係を測定します。この入力信号は、音声(マイク/ソナー)、機械(加速度計/変位トランスデューサー)、光学(光センサ)、電子/電気(アンプ、フィルタ)などの多様なセンサから送られる場合があります。
この強力な技術を活用するアプリケーションには、電気化学的インピーダンス分光法(EIS)、材料分析、航空宇宙制御システム設計、電子アンプ設計、パワーサプライ設計、振動分析などがあります。

1260A インピーダンス分析器には、2つの電圧分析器及び1つの電流分析器があり、非常に広範な周波数帯域において周波数応答及びインピーダンス分析を行うことができます。
  • 10 µHzから32 MHzまでの周波数帯域(周波数応答及びインピーダンス測定)
  • 高精度測定 0.1%、0.1?
  • 水晶共鳴などの高-Qシステム分析における1/65,000,000周波数分解能
  • ディープ130 dBダイナミックレンジ(自動レンジ)
  • 2、3、4 端子測定
  • ±41.95 V DCバイアス

1255B及び1252A 周波数応答分析器は1260Aに関連するものですが、電圧及び伝達関数(電流又はインピーダンス測定はありません)を測定します。
  • 1255B 10 µHzから1 MHzまでの周波数帯域
  • 1255B 10 µHzから300 kHzまでの周波数帯域
  • 高精度測定 0.2%、0.2?
  • 高-Qシステム分析における1/65,000,000周波数分解能
  • ディープ130 dBダイナミックレンジ(自動レンジ)
  • ±41.95 V DCバイアス

1250E周波数応答分析器は広範囲の電圧における電圧及び周波数応答を測定する、2つの電圧チャネルシステムです。
  • 10 µHzから65.535 kHzまでの周波数帯域
  • 高電圧アプリケーションにおける300 V rms 電圧入力範囲
  • 1/65535周波数分解能
  • ハーモニック分析(最大16ハーモニック)
  • 変調器/復調器及びシンクロナイザーオプション
  • ±10.23 V DCバイアス

1253A 周波数応答分析器は広範囲の電圧における電圧及び周波数応答を測定する、2つの電圧チャネルシステムです。
  • 1 mHzから20 kHzまでの周波数帯域
  • 内蔵シンクロナイザー及び変調器/復調器
  • 1%、1?