電子測定

ロックイン増幅器は狭帯域のAC電圧計として考慮される場合があり、測定帯域は数ミリヘルツ又はマイクロヘルツ程度に設定することができます。このように大きな干渉信号がある場合でも、その干渉が対象となる信号と同じ周波数出ない限り、非常に微小な信号を計測することができます。

広範な動作周波数帯域により、電子コンポーネント及びネットワークで掃引周波数の高さ及び位相の測定を実施するため、FFT分析に基づく機器を使用する典型的なものよりも非常に高い分解能まで、ロックイン増幅器を使用することができます。これらは、クリスタル及びカンチレバーの共振周波数を判定するのに非常に役立ちます。

2つの機器を使用するか、又は1つの機器と入力マルチプレクサを使用すると、ネットワーク又は機器内の複雑なAC電圧及び電流を計測し、これから複雑なインピーダンスを計算することが可能です。このアプリケーションにおける有利な点の1つは励磁信号水準が非常に小さくなる場合があることであり、それにより電気的特性が変化する場合があるサンプルにおける大出力を浪費しないようにします。これが特に重要となるアプリケーションの一例は、超電導サンプルの特性を測定する場合であり、サンプルにおける不要な出力浪費を完全に排除するための全アナログの光学絶縁信号チャネルを使用する、特殊な装置であるモデル7124精密ロックインを作成することを目的としています。

信号回復では、最も広範に商業利用されている様々なロックイン増幅器の1つ、多様なプリアンプなどの関連製品、アプリケーションのこれらのタイプにおける単一及び掃引周波数測定向けの弊社製品の使用を極めて容易に行うことができる取得パッケージなどのサポートソフトウェアを提供しています。典型的に使用される機器:

  • 7124 DSP アナログ式フロントエンド及びデジタル式メインユニット付ロックイン増幅器
  • 7270 DSPロックイン増幅器 250kHz
  • 5182電流プリアンプ