信号分析

ロックイン増幅器はノイズが多く存在する環境で微弱な電気信号を正確に測定することができ、位相計として機能しますが、低ノイズ電流及び電圧プリアンプはオシロスコープ、デジタイザー、信号分析器により測定できるほどの大きさの微弱な信号を発生させます。ブレード回転式チョッパはコヒーレント検出後に光の変調ビームを生成し、信号アベレージャは質量分析での飛行時間スペクトルの記録に特に適しています。

超伝導体抵抗測定、光学サンプル評価、磁性モーメント判定、電子フィルタ回路評価は、信号回復製品を使用することで改善できる多くの実験方法のうちごく一部でしかありません。