ナノ材料

ナノ材料とは、ナノメートルスケールでのサイズを特徴とした金属、セラミック、ポリマー又は複合材料です。こうした小型のサイズであるため、境界に近いごくわずかの原子しかないバルク材と異なり、高い割合の原資が粒子境界などのインターフェース近くに存在します。これにより、バルク材とは非常に異なる材料を生成します。例えば、既存のセラミック、ポリマーなどをナノ構造に組み合わせて、優れた機械、熱、電気的特性を持つ合成物を生成するなどしてナノ材料は開発されています。

半導体/電子、小型電池、太陽電池、コーティング、航空宇宙、医薬、超電導などの多様なアプリケーションが存在します。それらの特性は多様であり、そのため多様な試験機能がこれらの新材料の評価に必要となります。

ソーラトロン アナリティカル社の材質試験機器群は、ナノ材料の特性評価にしばしば必要とされる極端な測定に非常に適しています。試験における重要な要素は、周波数範囲、電気刺激の範囲、測定可能なインピーダンス/誘電率/キャパシタンスの範囲、測定の正確性(特に極度のインピーダンスレベル)、適用温度の管理、適切なサンプルホルダーの使用です。

ソーラトロン社のモデル1260Aインピーダンスゲイン位相分析器/モデル1296A誘電体界面システム誘電試験機器は広く参照されており、モデル1260Aインピーダンスゲイン位相分析器の10 µHzから32 MHz(120超のインピーダンス)までのインピーダンスを測定する能力を活用し、サンプル/標準技術を利用する超高インピーダンス材料(最大100テラオーム)の正確な誘電測定を行うモデル1296A誘電体界面システムの特定の機能とを融合します。 

ModuLab-MTS試験システムでは、インピーダンス周波数帯域全体で利用可能なハーモニック / 多重正弦波 / FFT(高速フーリエ変換)動作モードを利用する高い適用交流磁界での誘電材料の非線形特性を分析する機能を含む、これまで以上の機能を提供しています。試験中材料のエイリアスされていない高周波数特性評価を提供する40 MS/sでのACデータをサンプリングする、実際の周波数応答分析器を利用することにより、この独特な機能が利用できます。

さらに、ModuLab-MTS試験システムには、高い電場でのDC及びAC状況におけるサンプル試験、フェムトアンプ領域における微妙な電流の測定、正確なサンプル/参照モード測定、温度管理オプション、様々なアプリケーション指定のサンプルホルダーを実現するような、多様なオプションモジュールがあります。 

ModuLab-MTS試験システムは、単一ボックスでのDCパルス及び傾斜技術(I-V)及びAC(誘電率、キャパシタンス、インピーダンス)機能も提供し、高電圧、弱電流、温度オプションモジュールに完全に統合されています。ModuLab-MTS試験システムの独特な設計により、高磁場のAC試験、高磁場での非線形ハーモニック試験、又はDC又はパルスI-V特性評価技術のいずれで実施されているかに関わらず、そのオプションモジュールで供給されるフルレンジでの電圧及び電流で操作できます。

サンプル温度の自動PC制御を行い、材料の完全な特性評価を実現するModuLab MTS及び1260A/1296Aでは温度管理オプションが利用できます。