エネルギー装置及びイオン導電体

技術:  I-V、C-V、インピーダンス、キャパシタンス、誘電率、 比誘電率、誘電損失、粒度、交流伝導率
アプリケーション: SOFC、バッテリー、センサー、酸素センサー、固体電解質
タイプ: 薄膜、YSZイットリア安定化ジルコニア、ベータ-アルミナ、ペロブスカイト、セラミック

イオン導電体は、固体電池、スーパーキャパシタ及び固体電解質型燃料電池、並びに多くのタイプのセンサなどの多様なエネルギー装置で使用されています。薄膜材料は、機器をショートさせるような電気伝導をブロックしながら、イオン伝導を行うために使用されます(イットリア安定化ジルコニア(YSZ)など)。イオン伝導性は温度に比例して増加するため、これらの材料では温度は重要な検討事項です(温度が上昇するにつれて減少する電気伝導性とは対照的)。従って、試験システムは広範囲の電気及び温度の試験能力を含む必要があります。

ソーラトロン アナリティカル社の材料用試験装置のラインアップは、高速イオン導電体/固体電解質の特性を 解析するのに最適です。試験における重要な要素は、周波数範囲、電気刺激の範囲、測定可能なインピーダンス/誘電率/キャパシタンスの範囲、測定の正確性(特に極度のインピーダンスレベル)、適用温度の管理、適切なサンプルホルダーの使用です。

ソーラトロン アナリティカル社は、イオン導電体材料の特性を解析する広範な電子試験システムを提供しています:
  • ModuLab XM MTS試験システムは、広範な「プラグ & プレイ」オプションを使用して、完全な時間領域、AC装置の特性解析を実施しています
  • モデル1260Aインピーダンス ゲイン フェーズ アナライザーは、出版物で幅広く参照されており、キャパシタンス / C-V / インピーダンス /10 µHzから32 MHzのMott-Schottky(120以上の周波数)を試験することが可能であるため、誘電材料の特性を完全に解析することができます。
  • モデル1296A誘電インターフェース システムは、サンプル/リファレンス テクニックにより、優れたマグニチュードおよび位相確度を提供して、ケーブルが原因のエラーを減少させているだけでなく、セラミック絶縁体と誘電体の試験用に、インピーダンス範囲を1260Aから100 T以上まで拡大しています。
  • クライオスタット、ファーネスを含む温度管理オプションが、上記の測定システムのすべてで利用することができます。このシステムでは、サンプルの温度をPCで自動管理し、材料の特性を完全に解析することができます。