誘電

技術: I-V、C-V、P-E、インピーダンス、キャパシタンス、誘電率、比誘電率、誘電損失、粒度
アプリケーション: PCメモリー、FeRAM、アクチュエータ、加速度計、マイクロフォン、インクジェット ヘッド、センサー
タイプ: 強誘電体、圧電、MEMs、NEMs、マルチフェロイック、薄膜、PZT、チタン酸バリウム、ペロブスカイト、high-K、low-K

誘電材料は、電界により高度に分極される電気の絶縁体(電気絶縁体)です(これは材料の比誘電率として表現されます)。誘電材料内の電荷は、電界により均衡位置から離れます、場合によっては、電荷は印加電界に沿うこともありますが、材料を通りません。材料は電界から離れると、元の状態に戻ります、そのために必要な時間は、誘電材料の特性である緩和時間と称されています。通常の試験には、様々な電界(交流波形)を適用すること、および誘電率(キャパシタンスと伝導率)対印加交流周波数の関数として、材料の緩和をモニタリングすることがあります。

誘電材料は、次のような多くのアプリケーションで使用されています:
  • キャパシタ(装置のエネルギー貯蓄の特性に関連)などの電気コンポーネント
  • 性能を高め、装置のサイズを小さくするために、半導体に広範に使用されているHigh-K / low-K材料(この場合、Kは誘電率または比誘電率を意味します)
  • 誘電材料はディスプレイ アプリケーションにも使用されます(LCD液晶ディスプレイなど)
  • 圧電/強誘電/MEMs材料も誘電体です
  • セラミックとポリマーも、誘電特性を示すことがよくあります
  • 他の多くの材料 / アプリケーション

ソーラトロン アナリティカルの材料用試験装置のラインアップは、誘電材料の特性を 解析するのに最適です。試験における重要な要素は、周波数範囲、電気刺激の範囲、測定可能なインピーダンス/誘電率/キャパシタンスの範囲、測定の正確性(特に極度のインピーダンスレベル)、適用温度の管理、適切なサンプルホルダーの使用です。

ソーラトロン アナリティカルは、これらの材料の特性を解析する下記の試験システム を提供しています:
  • ModuLab XM MTS試験システムは、広範な「プラグ & プレイ」オプションを使用して、完全な時間領域/AC装置の特性解析を実施しています:
  • モデル1260Aインピーダンス ゲイン フェーズ アナライザーは、何千もの出版物で参照されており、キャパシタンス / C-V / インピーダンス /10 µHzから32 MHzのMott-Schottky(120以上の周波数)を試験することが可能であるため、フェロ/圧電材料の特性を完全に解析することができます
  • モデル1296A誘電インターフェース システムは、サンプル/リファレンス技術により、優れた精度を提供するだけでなく、インピーダンス範囲を1260Aから >100 Tohmまで拡大しており、半導体アプリケーションでよく使用されています
  • クライオスタット、ファーネスを含む温度管理オプションが、上記の測定システムのすべてで利用することができます。このシステムでは、サンプルの温度をPCで自動管理し、材料の特性を完全に解析することができます