材料分析

ソーラトロン アナリティカル社は、研究者が材料の結合している電気、熱、機械的特性を測定できるようにする多様な統合ソリューションを提供しています。-268~1200° C超の広範囲な温度での試験は、統合温度管理機能を備えたPCソフトウェアにより単純化されます。目的に合うように設計されたサンプルホルダーが付いた、リモコン制御の加熱炉及び低温保持装置により、固体、液体、粉末に対する試験が容易になります。1種類又は2種類の気体を用いた特殊な大気条件で、燃料電池、固体酸化物及び超イオン導電体アプリケーション向けに材料を試験することもできます。

試験できる材料には、広範な時間領域及びI-V、高速パルス、C-V、モット・ショトキー、インピーダンス、キャパシタンス、タンデルタなどのAC電気技術を使用する、絶縁体、誘電体、イオン導電体及び電子材料が含まれます。弊社システムでは時間領域と、サンプル設定や接続を変更せずに電荷キャリア励磁や分析を行うAC技術を完全に統合しています。

この制御ソフトウェアは接続図、波形図を使いやすく、データオーバーレイのドラッグアンドドロップがしやすいように設計されています。ループを使用することで、AC電圧、DC電圧、AC周波数、温度の制御を含むパラメータ試験を簡単に設定することができます。このソフトウェアではお使いの材料を特徴づけ、最適化するための等価回路フィッティングを含む、詳細分析機能も提供しています。